保険マンモスってどんなサイトなの?何ができるの?評判と口コミは? 保険マンモスの保険無料相談(面談)予約をwebでしてみたまとめ~私が判断した評判と口コミ 実際に保険マンモスのファイナンシャルプランナー(FP)が来て無料相談を受けた、そのまとめと評判 保険マンモスのファイナンシャルプランナー(FP)と契約。評判通りなのか?再評価!口コミ!感想!

三大疾病保険は必要か?FPに聞いてみよう!

がん、脳卒中、急性心筋梗塞は死亡率の高い病気として知られています。現在病気で死亡する人の4割が、三大疾病に含まれており、ストレスや食生活で死亡率が変化するといわれています。これらの病気は平均して3週間から3ヶ月の入院が平均です。特に入院費用が多い脳卒中は、約200万円もの医療費がかかり、後遺症も深刻です。

そのため、最近ではがん保険よりも三大疾病、特に脳梗塞や脳出血といった疾病の総称である脳卒中の危険性を訴求するFPも増えており、保険対策を勧めているようです。では、実際の商品を取り上げてみましょう。

まずは、アメリカンファミリー保険会社の「三大疾病保障プラン」を例に取ります。約款にはこういう文言があります。

『診断されただけでは 保険金が 受け取れないケースもあります。

三大疾病保険金は下記3つのうち、いずれか一つに該当した場合にお受け取りいただけます。

被保険者が「がん(悪性新生物)」による三大疾病保険金の保障の開始以後に、初めて「がん(悪性新生物)」と診断確定されたとき

被保険者が保障の開始以後に「急性心筋梗塞」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態)が継続したと、医師によって診断されたとき

被保険者が保障の開始以後に「脳卒中」を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと、医師によって診断されたとき』

ここで注意いただきたいのは、がん以外は「保険金が受け取れるのに60日以上時間が必要」という部分です。脳卒中は平均の入院日数が102日。もちろん、くも膜下出血のように、発症(倒れるなど)してから6時間以内に処置が出来れば、まったく後遺症がないケースも多くあります。入院日数が10日、2週間程度の場合もあるのです。

急性心筋梗塞の平均入院日数は20日。心臓手術は大変難しいものですが、最近では医療機器の進歩で、正確な血管の映像を見ながら手術ができるようになりました。

いかがでしょうか?このように、三大疾病の危険性はあったとしても、一般的な医療保険(どんな怪我や病気でも保険金が受け取れる)のほうが、有効性が高いかもしれません。要は、医療の進歩で特定疾病ほど手術や入院が簡単になっていることを、ぜひFPに聞いて頂きたいと思います。

保険マンモスオフィシャルサイト

«
»
TopPage > 保険マンモスの口コミやレビュー情報

保険マンモスの情報

カテゴリー別


Copyright 2011-2012 ©保険マンモスの評判と口コミ All Rights Reserved